田舎もんもん。

東北の片田舎から、意を決してKLCに
通院をはじめたダメOLのブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
転院を決意

本を読んで2ヶ月
ネットで通院してる方のブログを読みあさり
YAHOO!の掲示板なんかも読破。
気持も体も体外受精へ超鋭角に傾いていました。

鋭角っ!

地元でIVFを失敗してから
次は東京へ行きたいと言ってもたぶん資金がない。
それならいきなりKLCへ行ってしまえばどうか。
それに最先端の病院で妊娠出来なかったら
治療を止めなくてはならない時に
納得して終われるだろう。


「よーし!東京で治療しよう!」


世帯主へ相談し
二人の気持ちを確かめ合って(クサイ)
車1台分までは頑張ろうと誓いました。

勿論、我が家は超ビンボーなので
車といっても高級車ではなく大衆車(しかも中古)程度。
回数的にIVFを2回出来るか出来ないか。
HCGを結構打ってきたから、2回で結果出せっていうのもキツイ。
(KLC系列の病院では本来体内で生産していないホルモン(HCG)を
 多用する事は御法度とされています。勿論不妊治療を受けている
 方でHCGでご懐妊されている方も沢山おられますので
 あくまでもこれはKLC系列の考え方です。)

そんな時、夢クリの成功報酬制度の記事を見て
84万円だったらなんとか用意できるかもしれない」
KLCではメンタル面でのフォローは皆無って聞いてたけど
夢クリブロガーさんの記事を読む限り、優しそうだし。
新宿よりは30分くらい新橋の方が近いし。

色々理由をつけましたが・・・
結局は・・・まぁ・・金ですよ、金奥さん。


| まひー | 一般不妊治療 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
不妊専門病院での治療

地元でも一軒しかない有名な不妊専門病院が、
偶然にも職場からすぐ近くで
会社に内緒でも、完全予約制だし
毎回30分程度なら通えるだろうと
即、決断。

基礎体温持って初診に行って
排卵まで時間がかかり過ぎる、14日目を目指しましょう。
生理が来て5日目からクロミッドというお薬飲んでね。
それまで、排卵時期をつかめなかった私は
月に排卵検査薬を20本は使っていました。
通常でも周期は30〜45日位。
たまーに、70〜90日位。

なんだか、「これで妊娠出来るんだ〜」ヽ(´∀`*)ノワーィヽ(*´∀`)ノワーィ
あなたの道は開けました!って一人ビューティ・コロシアム状態。

今思うと、可愛いというか、可哀想というか(笑)

クロミッドを飲み始めて4ヶ月
おマタがカッサカサになりました。

そう、頚管粘液が全く出なくなったんです。

その頃知識だけはネットでイッパイイッパイに詰め込んでいたせいで
頭だけはでっかくなっていた私。

コレはっ!副作用だわっΣ(゚Д゚;

そんな危機感を感じつつも、医師との意思の疎通をはかれず
だらだらと過ぎていくこと、さらに4ヶ月。
相変わらずクロミッドを出され、排卵期にはHCGのルーティンワーク。
フーナーテストをしてみるも精子は良好な結果に対して
頚管粘液は極少すぎてアウトの判定。

先生そりゃー、8周期も飲み続けてるんだから
カッサカサにもなるだろうよ〜。

この辺りから、主治医に対して不信感の虫が湧いてきました。
ネットで見る限り、最初みんなやってるっぽい卵管造影検査も一度もやらず
副作用があるみたいと言っても、大丈夫だから続けて飲んでと言われ
病院に通っていながら毎月生理がきちゃう悲しさとか
私の中でモヤモヤが増幅し始めて。

それで自分から卵管造影検査をやりたいと言ってみました。
予約は1ヶ月待ち。

(この治療をしていると、たかが1ヶ月が本当に惜しくなりますねぇ。)

検査自体はそんなに我慢できない痛みでもなかったんです。
例えて言うならば、鉛筆大の太さでピンポイントに来た生理痛って感じ。
痛みが無い事で私は「あー、卵管無事かも」って簡単に考えてたんですよ。

結果が出て唖然。

【両卵管采の癒着の疑い】

先生の意見としては
「これから半年タイミング後、腹腔鏡検査(ラパロ)をして
また半年タイミングみて、ダメなら体外受精も視野に入れる」
というものでした。

正直、目の前が真っ暗になりました。
これから何年かかるのって。
肝心な卵管采がダメなのに、これから一年間もタイミングでいくの?
んで、初診時にこの検査してたらこの9ヶ月無駄にしないで済んだよなって。

その病院は地元唯一の不妊治療専門院で
患者さんも多く、もちろんIVFやICSIも(地元では)有名です。
何度もそこのIVFで妊娠したという話を耳にします。
たまたま、私とは相性が合わなかっただけで
そちらの病院のやり方を全否定する訳ではないです。
ただ、転院したくても田舎なので選択肢が他にはない現実が・・・。

その時偶然にも、あの有名な本  「不妊治療はつらくない by 加藤修」
と奇跡的にめぐり逢ったんです。←大げさ。

| まひー | 一般不妊治療 | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |

一番上へ