田舎もんもん。

東北の片田舎から、意を決してKLCに
通院をはじめたダメOLのブログ。
<< D24@KLC(内診&血液検査) | main | D30@KLC(凍結胚盤胞移植―その◆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
D30@KLC(凍結胚盤胞移植―その 

ようやくここまで来ました。
2度目の胚盤胞移植です。


本当に自分の体ながら
金のかかるやっちゃな〜。

朝、KLC近くのセブンイレブンATMで移植代を確保しました。
残金3万円。。。
元は100万近く入っていたのよっっウルウル

8時30分来院指定。
受付して20分くらいで採血。
そこから1時間半待って診察。
私は自然周期移植なので
今日は黄体ホルモン値P4)が合格しなかったら移植は中止です。
その割に全然焦ってませんでした。
前日に飲酒なんかしちゃったりして。
ベビ待ちの気持ち、貯金残額と共にだいぶ減ってますなぁ(笑)


E2:96  P4:15.1

あれま。
P4>10の合格ライン意外にクリアしちゃいました。

今日の先生は、もしかしたら噂のあの
「やる気のない先生」
かも。
席に座るか座らないかでホルモン値の紙をホイっと投げられ
そっけなかったです。

移植する卵ですが、一番いいのにします。
 顕微じゃない方だね
。」

はい。

では看護婦さんからあと聞いて。

(早っ!それだけかいっ!)


こういう先生に突っ込んで聞いても
自分が疲れるだけなんで今日はパス。
(でもこの先生、真剣に悩んでる時には
結構話を聞いてくれたりするのですよー。)


看護婦さんから移植代の会計が終わったら
12時の培養士とのお話まで自由時間と言われました。

(KLCは移植代を先払いします)

一階のドトールに行って
カフェインもこれでしばらくおあずけね、とたっぷり紅茶を飲んで
11時20分に9階ラウンジに戻りました。

戻って待っている時
嬉しさがこみ上げてきました。
初めてのふりかけ受精で9個の卵子からたった1つ生き残った卵ちゃん。
顕微受精卵たちをゴボウ抜きして一番成績が良いなんて

12時45分にやっと培養士さんとの問診になりました。
結局ここでも1時間25分待ちました。
今日はオケツに根っこ生えそうです。

そこで驚きのお話がありました。

今回胚盤胞になったのは5個。
5日目胚盤胞が3個で6日目胚盤胞が2個です。
てっきり、一番良い卵っていうから
5日目だとばかり思っていました。

ふりかけで受精した卵はなんと6日目胚盤胞でした。

こちらの6日目のコを今回移植しますね。

あの、えっと、前回133時間で凍結した卵で
 陰性だったんですけど
 今回このコは136時間で凍結されてて
 前回よりも遅くて、あの、どうしてこのコなんですか?


えっとですね、こちらの卵は外側の細胞もハッキリしていて
 内細胞塊といって赤ちゃんの基になる内側の細胞も
 いい状態なんですね。なのでこちらを選びました。


グレードはどうなんですか?

グレードはAAです。自分で孵化してきてますよ。

今回見た目で選んだのか〜(+o+)
どうなんだろう?
分割スピードの方が見た目より重要じゃないの?
でもせっかくのふりかけ受精卵だしなぁ〜。。。。
6日目胚盤胞が一番良い成績となると
残りの5日目胚盤胞達のグレードもそーとー怪しいな。

その判断をちょっと疑いつつも、若いおにーさん培養師で
とっても話しやすかったので
気になってた事を質問させて頂きました。


その△愨海

| まひー | KLC10周期目⇒凍結胚盤胞移植 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:03 | - | - |










一番上へ